バストアップ 妨げ

バストアップを妨げているもの

胸を大きくするためには胸にとって良いことだけをするのではなく、バストアップを妨げているものを取り除くことが
重要だとお伝えしていますが、具体的にバストアップを妨げていることとはどのようなことなのでしょうか?

もしかしたらあなたも知らず知らずの内にこのような事をしているかもしれません。

その1 カフェイン

コーヒーに多く含まれていることでも知られているカフェインですが
このカフェインにはバストアップに好ましくない作用があります。
なんだかわかりますか?そう、脂肪分解作用です。
一時期カフェインダイエットというものも流行っていたので知っている人も
いるかもしれませんがコーヒーには脂肪を分解する作用があるのです。
「脂肪が分解されてダイエットに成功、ラッキー!」と思うかもしれませんが
胸の大半は脂肪で出来ています。せっかく胸に脂肪を付けようとしているのに
その脂肪を分解されてはたまったものではありません。
とは言っても朝に1杯だけ飲んでいるという場合なら気にしなくてもOKです。
仕事場などでコーヒーを飲むのが癖になっていて1日に何杯も飲んでいる
という人は少し控えておいたほうがいいでしょう。

その2 喫煙

胸を大きくするために重要なことの1つに女性ホルモンの分泌があります。
バストアップ法によっては最も重要な要素になっているものもありますが
タバコに含まれているニコチンは女性ホルモンの分泌を抑えてしまいます。
それだけではありません。
タバコの煙に含まれている一酸化炭素は血液の流れを極端に悪くします。
血液の流れが悪くなると本来バストに供給されるはずの栄養成分も十分に
行き届かなくなってしまいます。エストロゲンなどいくら豊胸に有効な
栄養成分を頑張って食事などで採っていても全て無意味になります。
バストアップには関係ないかもしれませんが乳がんの原因にもなりますので
バストアップに喫煙は絶対的に悪影響を及ぼすことに間違いないでしょう。

その3 睡眠不足

女性ホルモンがバストアップには欠かせないホルモンということを
知っている人は多いと思いますが睡眠中に多く分泌されると言われている
成長ホルモンもバストアップには欠かせないホルモンの1つです。
成長ホルモンは年齢を重ねていくと減少していくものですが
全く分泌されなくなるというわけではありません。
当然女性ホルモンにも睡眠は大きく関係しています。
睡眠不足を解消することでこれらのホルモンの分泌が促進されて
バストアップに繋がることも多いのです。
特にまだ成長期にいる若い女子の場合は睡眠不足に注意しましょう。


このようにバストアップを妨げる原因となっていることは沢山あります。
知らない間に習慣となってしまっている人もいるかもしれませんが、いつまでも続けていたらあなたの胸は一生そのままかもしれませんよ。
ここは思い切って一度生活習慣の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

本気で胸を大きくしたいなら・・・



 

サイトマップ

コンテンツマネジメントシステム