出産後 胸 しぼむ

出産後に胸がしぼむ原因は?

妊娠中から出産後は基本的に胸にハリが出てボリュームアップします。
それまで胸が小さいことに悩んでいた人は胸が大きくなることに喜びを感じるでしょう。

しかし、出産をして授乳が終わる段階に差し掛かる頃にそれまでの胸が急に嘘のように
しぼむという現象に陥ることがあります。
これは多くの人が感じていることなので
あなたが特別なわけではありません。

中には妊娠前の胸よりも小さくなってしまったという人もいますし、
ハリが無くなってバストが下垂してしまい見た目の形も悪くなったという人もいます。

この出産後に胸がしぼむという現象はどちらかというとそれまで胸が大きかった人に
起こりやすい現象で小さかった人はあまり胸が垂れることは少ないそうです。

ちなみに出産後に胸がしぼむのを避けるために母乳をほとんど飲ませずにミルクで
育てる人もいるのですがそれでも産後の胸の垂れは回避できなかった
と聞きます。

このように産後の体型に悩みを抱えている女性というのは多いのです。

妊娠中に胸が張ったり大きくなったりするのは赤ちゃんに母乳を与えるために
乳腺が発達しているからで、当然授乳期が終わればそれに合わせて乳腺の発達は止まり
同時に胸のハリやボリュームは失われていきます

イメージとしては胸の中の脂肪だけが無くなってしまっている感覚です。
なのでこれまでハリのある胸を包んでいた外側の皮膚が余ってしまうので
皮だけのような状態になります。よく風船がしぼんだような状態と表現されますね。


妊娠中の胸の張りが忘れられなくて実際にその後豊胸手術をする人もいるそうです。

しかし、豊胸手術をしなくてもたるんでしまったお尻をヒップアップできるように
一度しぼんだように小さくなってしまった胸も大きくすることはできます。

よく産後ダイエットと言って出産して間もない時期にダイエットを始める人がいますが
出産した後の体が弱っている状態でいきなりダイエットを始めると体は生命維持のために
機能することになるので女性ホルモンの分泌が滞ってしまうことになります。

こうなると胸のハリやボリュームが失われることにもなりますし生理不順といった
症状を引き起こす
ことにもなるので出産後の無理なダイエットは禁物です。

ダイエットもバストアップも慌てなくてもしっかり取り組めば元に戻るので
出産後はまず母体の回復に務めることを優先させたほうがいいでしょう。

出産後の胸を元に戻すならこちら



 

サイトマップ

コンテンツマネジメントシステム