豊胸手術

豊胸手術も一つの手段

一番手っ取り、そして確実に胸を大きくすることができるのが豊胸手術です。
元々豊胸手術が行われるようになったのは1920年頃からだと言われています。

その頃は体の他の部分から脂肪を取ってきたりシリコン入りのバッグを胸の中に
入れたり生理食塩水のバッグを入れたりしていたそうです。

しかし、このような方法は入れたバッグが胸の中で破裂してしまったり、
時間が経つと胸の形が崩れたり硬くなってしまうという問題が起きました。

現在でもこのようなバッグを入れる豊胸手術もありますが、昔に比べると
失敗や、その後の合併症などの症状が見られることは少なくなりました



豊胸手術のいいところと言えばやはり即効性と確実性でしょう。
手術をした日から胸は大きくなりますし、大きくならなかったということは
まずありません。反対にある程度覚悟をしておかなければいけないリスクもあります。
それは豊胸手術にかかる費用と術後の安定と安全性です。

最近ではヒアルロン酸を直接注入するプチ整形のような手術法もありますが、
この方法だと時間の経過と共に体内に吸収されて大きいままの胸を保つことは
不可能だと言われているので定期的にこのような施術を受ける必要があります。

通常の手術法でもそうなのですが豊胸手術にはそれなりのお金がかかります。

また、安全性に関してもまだまだ絶対というレベルには達していません。
昔のようにシリコンバッグが体内で破裂して健康被害が出るというレベルの
事故はほぼ無くなっていると言えますが本当の意味で体にとって安全なものなのか
というのはまだまだ議論の余地があると言えるでしょう。

手術後の胸に関しても硬くなってしまうなどの問題も残されています。

ここでいう硬いというのはカチカチというよりはシコリのような硬さです。
これはヒアルロン酸を注入する手術をした場合に注入した量で硬くなってしまうこともあるようです。

このようなメリットとデメリットを把握した上で、豊胸手術というのは胸を大きくするための選択肢の一つなのではないかと思います。

手術をする前は他人の目が気になったり作り物の胸には自信が持てないと思う人もいるかもしれませんが
体験者の話によると大きな胸を手に入れるとそれにも勝る喜びを手にできるのであまり気にしなくなる人が多いそうです


また豊胸手術の手法なども年々進化しています。
最近では自分の血液で作ったジェルを注入するPPPジェル豊胸や光を使ったフラッシュ豊胸などの手法も出てきています。

このような進化が進んでいくと豊胸手術をした後の持続時間も長く、費用も安く
体への負担の少ない豊胸手術ができるようになっていくかもしれませんね。

豊胸手術を受ける人は成長ホルモンの分泌の影響などでもう自然に胸が大きくなることは
ないと諦めている人がほとんどですが年齢などに関係なく胸を大きくすることは可能です。
豊胸手術のように確実に、そして始めた日に効果が絶対にあるとは言えませんがかなりの
確率で自然にバストアップ出来る方法も最近では研究されています。
どうしても豊胸手術をしたくないと言う人は参考にしてみてください♪

豊胸手術は絶対にしたくない方は・・・



 

サイトマップ

コンテンツマネジメントシステム